その温活、間違ってます、逆効果ですよ!効果的な温活は?
※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。最近よく耳にする温活要するに体を温めれば良いとばかりに間違った温活が結構見受けられます。それでは逆効果!この記事では、間違った温活そして、どうすればよいか正しい温活、効果的な温活をご案内します。正しい温活のポイント正しい温活のポイントは深部体温を上げることです。単に体を温めるだけの温活は体の表面だけを温める温活は良くありません。一時的に体を温めても、その後かえって体を冷やしてしまい逆効果になる場合があります。間違った温活、正しい温活に改善する方法よくある間違った温活と、こうすれば正しく効果的な温活になる方法をご案内します。①間違った温活【朝は一杯の白湯で内臓から温める】睡眠中にかいた汗で失われた水分を補給するためにコップ1杯の水分をとるべきと言われています。白湯で一時的に温まっても、水が体温より冷えると体を冷やしてしまいます。こうすれば正しい温活になる【ただの白湯は飲まない】ただの白湯ではなく、シナモンや生姜を加えて飲みましょう。血管を広げ、熱が体内を巡り体の芯から温まります。②間違った温活【代謝アップのため、たくさん水分補給する】大量の水を飲んでも、細胞に水が溜まってむくみ、代謝が良くなるどころか血流が悪くなり体を冷やしてしまいます。こうすれば正しい温活になる【無理に飲まない】無理に水を飲まない、喉が乾いた時に飲めばいいのです。運動して汗をかく習慣があれば、たくさん水を飲んで代謝を上げることも可能です。③間違った温活【たくさん着込んで、あったかくする】間違いではないのですが、上半身と下半身の保温のバランスに気を付けましょう。上半身ばかり保温していると「のぼせ」てしまいます。こうすれば正しい温活になる【むしろ下半身を温める】「頭寒足熱」と言われるように、下半身を温める方が良いです。上半身ばかり保温しているとのぼせてしまいます。発熱タイツなどで下半身を保温するといいですよ。④間違った温活【寝るとき電気毛布を使う】電気毛布は寒い夜にはありがたいですね。しかし一晩中、電気毛布を付けて寝てしまうと体の水分を奪いすぎてしまいます。こうすれば正しい温活になる【寝るときは湯たんぽが最適】昔ながらの湯たんぽは、じんわり暖かくしだいに冷めるので余分な水分を奪いません。もちろん、電気毛布のタイマーを使って寝入る時だけ使うのもアリです。⑤間違った温活【靴下を履いて寝る】足先が冷えると眠れない時があります。実は眠りにつく時、足裏から放熱して皮膚温度を下げる必要があります。靴下を履いて眠ると、足裏からの放熱ができなくなってしまいます。こうすれば正しい温活になる【靴下よりもレッグウォーマが良い】レッグウォーマであれば冷えやすい足首を保温して足裏の放熱を妨げないので就寝時には最適です。今注目の温活のススメ!すぐに始められる温活5選今注目の温活のススメ!すぐに始められる温活5選温活は体調改善に非常に効果がありその上、美容に良いとの事です。そんなに、温活が素晴らしいならばぜひやってみたいと思いませんか? この記事では、すぐに始められる温活6選をご案内します。すごく簡単な事なので、皆さんもチャレンジして下さいね!温活は美容に効果あり、温活で健やか美人を目指しましょう!温活は美容に効果あり、温活で健やか美人を目指しましょう!温活とは健康を維持するために適切な体温まで上げる活動のことです。温活は身体の不調を改善する健康面だけではなく、美容にも効果があります。
Read More