メイク下手は必見!メイクが上手な人がやっていること3選

メイク下手は必見!メイクが上手な人がやっていること3選

メイク下手だと自覚している方、簡単にメイクが上手くなる方法を知っておきましょう。
簡単なのに効果的な、メイク上手な人が実践している3つのコツをご紹介します。鏡の使い方からメイクの場所の選び方、そしてメイクの濃淡のつけ方に至るまで、基本的ながらも非常に重要なポイントを押さえています。これらの方法を実践することで、メイクの仕上がりが格段に向上し、毎日のメイクタイムがより楽しく、効果的になるでしょう。メイクでよくある問題を解消し、プロのような仕上がりを目指すためのヒントが満載です。

メイク下手は必見!メイクが上手な人がやっていること3選


メイク下手だと自覚している方、簡単にメイクが上手くなる方法を知っておきましょう。
メイク上手な人がさりげなくしている方法を3つご紹介しますので、さっそく試してみてくださいね。

 

1. メイク上手は鏡の使い方がうまい

メイクが上手な方は大きな鏡を使ってメイクしています。
手鏡はやはり小さすぎるため、顔全体のバランスを確認できません。パーツ全部が濃くなり、顔全体にスキのないアンバランスなメイクになってしまいます。
鏡に顔を近づけて細部をメイクしたら、今度は顔を離してメイクをチェックすること。自分ではしっかり引けたと思うアイラインも、鏡から遠ざけると見えなくなることも多いでしょう。
他人との距離感を意識して鏡から顔を離して確認すると、ちょうどいい加減が分かりやすいくなります。メイクしてもすっぴんと思われがちな方は、ぜひ試してみてください。
三面鏡で横からのアングルを確認したり、拡大鏡でパーツを拡大してみたりするのもおすすめです。

 

 

 

2. メイクは明るい場所ですると失敗しない

いつもメイクはどこでしていますか?
洗面所や室内の暗い場所、カーテンを閉めたままメイクを始めてしまう方は要注意!暗い場所でのメイクは細部が確認できないうえに、顔の凹凸が把握できていません。
洗面所の鏡の前ではキレイにメイクできていても、外で見たらファンデがまばらなんてこともあるでしょう。
メイク上手な人は日の当たる場所や明るい照明がある場所でメイクをするため、カラーアイテムを過剰に乗せすぎる失敗もありません。
ただし夜のレストランに出かけるのならば照明が暗いため、メイクが映えるようにあえて濃く仕上げる必要があります
できる限り明るい場所でメイクしつつ、出かける場所の明るさも計算してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

3. メイクは濃淡を意識すると上手く見える

ファンデーションも眉毛も、すべて同じ濃さで塗ってしまうとメイクが下手に見えます。
たとえばファンデーションは頬の中央が一番濃く、フェイスラインは薄くついているのが理想的。首との境目までしっかり塗ってしまうと、顔だけ浮いて見えてしまいます。
眉も眉山から眉尻はしっかり色をのせても、眉頭はふんわりぼかした方が自然に見えるもの。パーツごとにグラデーションを意識し、濃淡が作れるようになるとメイクが上手くなじむようになるでしょう。
色と肌との境目はブラシやスポンジ、指で軽くなじませると、より自然に仕上がります。
ほんの少しの手間でメイクが変わるため、ぜひ試してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

メイクがなんか垢ぬけないなぁ~
メイクが思い通りに決まらない!
もっとメイクが上手になりたいな
とお悩みの方プロのレッスンを受けてみませんか?

 

 

 

 

https://www.brandcosme.com/collections/campaign-low-price